ZENROREN / National General Workers Union Web Site
HOME
全国一般の紹介
知らなきゃ損するあなたの権利
リンク
ご相談はこちらへ



資生堂/アンフィニ
非正規切り撤回争議


憲法改悪反対
共同センターサイト

憲法改悪反対共同センター

「九条の会」
オフィシャルサイト
九条の会



 
 2014年の7月〜9月のトピックスへ
Topics

<2014年7月〜9月>
【2014年9月26日】資生堂/アンフィニ争議支援共闘会議総会開催
 9月26日(金)横浜市健康福祉センター会議室にて、第5回資生堂/アンフィニ争議支援共闘会議総会が開催
されました。 総会の冒頭で主催者としてあいさつした鈴木代表委員(全労連・全国一般労働組合中央執行委員
長)は、「全国一般としても本争議は重点争議として位置付 けている。早期の全面勝利解決に全力を尽くす」と決
意が述べられました。
 来賓として出席いただいた神奈川労連の福田議長からは、「最低賃金裁判闘争と併せ、非正規争議である本
争議の勝利解決に神奈川労連としてしっ かり取 り組みたい」、新日本婦人の会神奈川県本部の渡辺事務局長
からは、「神奈川は非正規労働者が多い県だが、資生堂でこんなことがおきているとは本争議で初めて知った。
一刻も早く解決できるよう、がんばりたい」と決意と激励のご挨拶をいただきました。
 事件発生から5年を経過するこの日の総会には、宮城県や大阪府からも仲間が駆けつけ、資生堂に社会的
責任を果たさせ、全面勝利解決を必ず勝ち取ることを参加者一同で確認しました。




2014920日〜21】全国一般神奈川地本第76回定期大会開催
 今年も一泊二日の泊まり込みで開催された大会ですが、冒頭で村越委員長は「この一年組織拡大に奮闘して
きたが、大幅に組織を増やすことに成功していない。組合員の総力を挙げて取り組む必要がある。資生堂/ア

フィニ争議は不当判決が続く横浜地裁で、資生堂の関与は認めないもののアンフィニの社員としての地位を認め

る大きな成果を引き出す判決を勝ち取った。全国一般という全国組織、神奈川労連の仲間も大きな力となり、資生
関連工場への要請、銀座・汐留の宣伝行動、横浜地裁への署名・宣伝行動等、争議を勝ち抜く歴史が継続して
いる
事を実感した。安倍政権は1000害あって1利なし、一日も放置する事は出来ません。憲法九条は日本の平和
だけ
を求めるのではなく、世界中の国が武器を持たない社会を希求しています。」と挨拶しました。
 優れた活動の表彰では、組織拡大に職場新聞を活用した日本ヘルス工業分会が表彰され、機関紙コンクールで
企画賞:日本ヘルス工業分会「清流」、技術賞:法律合同分会「うねり」、アピール賞:横浜地区協議会「よこはま
地区協」
が表彰されました。
 討論では新しく出来た分会を含め、29支部分会が発言し、議案書を賛成多数で採択して成功裡に
終了しました。

機関紙コンクールで表彰された「うねり」「清流」「よこはま地区協」

                 新役員の紹介


2014年7月18日(金)】「資生堂・アンフィニ裁判」判決報告ビアパーティー
 7月10日の横浜地裁判決「資生堂の社員としての地位は認められなかったが、原告全員アンフィニの社員として
 の地位を認める」判決を全員で確認し、勝利するまで闘いの決意を固めあうビアパーティーを建設プラザで開催
 しました。

  水谷代表委員の挨拶に続き、川口弁護士に判決内容・ポイントを解説していただきました。
 諏訪さん、趙さんの手作り料理をはじめ、多くの方に持ち込んでいただいた食べ物や飲み物を味わいながら塩田
 さんのギター、高橋由美子弁護士のキーボード演奏と歌で場を盛り上げていただき、熱い夏のひと時を交流し、
 勝利への決意を固めあいました。




2014年7月10日(木)】資生堂アンフィニ横浜地裁判決
 原告全員、アンフィニでの地位確認。しかし、資生堂の社員としての地位は認めず


 資生堂からの減産通告を理由としたアンフィニからの解雇・雇い止めをされたのは違法として訴えていた裁判で
横浜地裁(阿部正幸裁判長)は7月10日、原告7人全員をアンフィニの社員であると認め、賃金のバックペイと、今後
の賃金を支払うよう判決を下しました。

 これは最近の日産やいすゞでの非正規切り裁判での判決の流れを変える画期的な判決と言えます。
但し、求めていた資生堂の社員としての地位は認められず、池田さんは「アンフィニ社員として認められた事はうれし
い。しかし、資生堂の社員として認められなかった事は残念。全面解決まで頑張ります。」と述べ、他の出席した
原告達も「資生堂に戻りたい。」と決意を述べていました。


 一部勝訴「アンフィニの社員としての地位確認」

    記者会見場で参加者全員

2014年6月25日(水)】資生堂株主総会宣伝行動
 46名の仲間の支援を受け、日比谷帝国ホテル前で資生堂の株主に争議の解決にご理解頂く様、マイク宣伝を行い
ながらビラを配布しました。

 総会では池田さんだけが発言で指名され、「生産現場で仕事に誇りを持って一生懸命働いてきたがモノの様に簡単
に切り捨てられた、悔しい思いだ。」と、気持ちを込めて訴えました。


   横断幕を持ち、訴える露木さん

支援共闘の代表委員でもある柴田日本婦団連会長





<2012年7月〜9月>

【2012年9月22日(土・祝)】横須賀中央駅頭 組織拡大・原子力空母配備反対署名宣伝行動

横須賀中央駅頭Yデッキ 署名活動の様子
Yデッキで署名のお願い
 秋分の日の9月22日、京浜急行横須賀中央駅前のYデッキにて、全国一般神奈川地本を紹介する宣伝と、原子力空母の配備反対、原発ゼロを求める署名宣伝を24名の参加で行いました。
 米原子力空母ジョージ・ワシントンは、2008年9月25日に米軍横須賀港を母港として配備され、今年で4年になります。首都圏のしかも東京湾の入り口に、危険な原子炉2基が空母の動力として使われています。署名には若い人を中心に多くの方からご協力をいただきました。






【2012年9月20日(木)】東京地評争議支援総行動 ― 資生堂/アンフィニ争議銀座7丁目宣伝

 
9月20日、労働争議の早期解決を求める東京地評争議支援総行動が都内各所で終日展開されました。
 5コースに分かれて行われたこの日の行動は、争議中の企業前での宣伝や申し入れ、東京地裁・高裁要請、都労委要請などを中心に行われ、資生堂/アンフィニ争議に関しては、銀座7丁目宣伝を行いました。
 午後2時30分から行った銀座7丁目宣伝には約100名が参加し、全労連の宣伝カーからの訴えに合わせ、買い物中の方々や近隣で働く人たちに宣伝チラシを配布しました。
銀座7丁目で宣伝カーから訴える露木さん
宣伝カーから訴える露木さん
通行中の方々への宣伝の様子
通行中の方々への宣伝



【2012年9月15日(土)〜16日(日)】全国一般神奈川地本第74回定期大会

 
3連休の前半、9月15日、16日の両日にわたり、全労連・全国一般労働組合神奈川地方本部第74回定期大会が、神奈川県足柄上郡の「いこいの村あしがら」にて開催されました。
 大会討論では、職場闘争、組織拡大、地域の仲間との共同、脱原発運動、平和をまもる取り組みなど、様々なテーマで活発に発言が行われ、1年間の貴重な教訓を全体で共有するとともに、提案議案の補強が行われ、1年間の運動方針が確立されました。
議案採決の様子
議案裁決の様子
年間の優れた活動の表彰
年間の優れた活動表彰



【2012年9月9日(日)】原子力空母の横須賀母港化反対9・9集会

 
米海軍横須賀基地に原子力空母ジョージワシントンが配備されて4年目を迎えようとする9月9日(日)、横須賀市ヴェルニー公園で原子力空母の横須賀母港化に反対する集会が開催され、神奈川県内や周辺の都道府県を中心に2500人が集いました。
 安保破棄中央実行委員会などが主催したこの日の集会には、炎天下の中、「事故が起こってからでは遅い」「危険な原子力空母の母港はやめて欲しい」と家族ぐるみで参加している人もいました。主催者あいさつでは、同じ時間開催された、オスプレイ配備に反対する沖縄県民集会(10万1000人)との連帯が表明されました。
 集会終了後は、米軍横須賀基地のゲート前を通過し、横須賀中央駅付近までデモ行進を行いました。
米軍横須賀基地ゲート前
米軍横須賀基地ゲート前
ヴェルニー公園の様子
ヴェルニー公園の様子



【2012年9月8日(土)】神奈川県労働組合総連合第28回定期大会

 
9月8日(土)、東神奈川の建設プラザにおいて神奈川労連第28回定期大会が開催されました。
 県内の様々な業種・職種で働く仲間からの活動報告と、公契約運動、最賃裁判闘争、非正規闘争、地域運動、組織拡大など活発な討論が行われました。そして今年から来年にかけて行われる総選挙、参議院選挙、横浜・川崎両市長選挙では、国民本位の政治に転換し、憲法に基づく賃金・雇用・制度・社会を実現する絶好のチャンスとして奮闘することを相互に確認しました。
あいさつする水谷議長
水谷議長の主催者あいさつ
争議団紹介で訴える資生堂/アンフィニ争議の池田さん
県内争議団の紹介



【2012年9月7日(金)】日吉自動車学校争議 勝利報告集会

 2012年9月7日、日吉自動車学校争議支援対策会議の第3回総会と勝利解決報告集会が横浜市開港記念会館で、これまで支援して頂いた多くの仲間や弁護団の参加で開催されました。
 報告集会では、全国一般神奈川地本はもとより、神奈川労連、横浜北部地区労の来賓あいさつ、経過の報告、当該支部の御礼と新たな決意、そして支援対策会議の解散などを行い閉会しました。終了後、多くの仲間の参加で勝利を祝う交流会が行われました。
 日吉自動車学校争議は、2009年2月と3月に延べ12日間のストライキに端を発し、そのストライキに対する報復から始まりました。2009年9月7日に神奈川県労働委員会に不当労働行為救済命令申立をした闘いは、中央労働委員会を舞台に「新たな良好な労使関係の構築」、「労使双方十分協議する」ことを柱にした和解協定が結ばれました。闘いのスローガンでもあった「組合つぶしと差別をなくし、健全な日吉自動車学校に」を勝ち取ることができました。

日吉自校支部の仲間たち
日吉自動車学校支部の仲間
支援の仲間と記念撮影
支援の仲間と記念撮影



【2012年9月5日(水)】資生堂/アンフィニ争議 大船駅笠間口早朝宣伝行動

大船駅笠間口を道路の反対側から撮影
大船駅笠間口宣伝
 9月5日早朝、毎月定例になっている資生堂/アンフィニ争議の大船駅笠間口宣伝を行いました。
 早朝といえどもまだまだ残暑厳しく、朝のこの時間は日陰もなく、たいへんです。それでも毎月宣伝していると読者も増えてくるのか、手を伸ばしてチラシを受け取る方も少なくありません。
 激励の声も毎回届けられ、地域の方のあたたかい心遣いに感謝しています。








2012年8月25日(土)〜26日(日)】全労連・全国一般労働組合第24回定期大会

 
8月25日(土)、26日(日)の2日間にわたり全労連・全国一般労働組合第24回定期大会が、神奈川県足柄上郡の「いこいの村あしがら」で開催され、神奈川地本からも7名が参加しました。
 大会では、職場闘争や最低賃金引上げの取り組み、地域労連との共同、組織拡大、争議勝利、震災復興支援など、全国の仲間から様々な取り組みが報告されるとともに、活発な討論が行われました。そして、大会スローガン「希望の持てる職場と社会をめざし、今、政治を変えるとき!」「すべての組合員が声を上げ、仲間を増やして、行動しよう!」の実践を意思統一しました。
議案採決の様子
議案採決の様子
新執行部の紹介
新執行部の紹介



【2012年8月8日(水)】最低賃金裁判日行動

横浜地裁前最賃裁判原告団の宣伝
横浜地裁前宣伝
 神奈川労働局長に対して神奈川県の地域別最低賃金を1000円以上の金額にすることを求める「最低賃金裁判」は、8月8日、横浜地裁101号法廷で6回目の口頭弁論が開かれました。100名程度が入れる横浜地裁では一番大きい法廷でしたが、傍聴希望者が多く、30名程度の人が抽選で入れませんでした。
 裁判では、原告団を代表し、2人の子どもを育てながら懸命に働くシングルマザーの仲間が陳述を行い、最低賃金水準が低すぎる為に困難な生活を強いられている実態を訴えました。
 2011年6月30日に50名の非正規労働者で提訴した「最低賃金裁判」は、第2次、第3次の追加提訴で合計102名の原告団になり、裁判を応援する人のサポーター登録も1000名を超えています。
 最低賃金裁判闘争事務局が開設した「最低賃金裁判ニュース」をご覧ください。



【2012年8月2日(木)】最低賃金を引き上げろ!横浜第2合同庁舎前座り込み行動


 神奈川県の最低賃金額を審議する神奈川地方最低賃金審議会が開かれる横浜第2合同庁舎前で、早朝から夕方までの座り込みを中心とする宣伝行動を神奈川労連に結集する労働組合や最低賃金裁判の原告団と一緒に終日取り組みました。
 炎天下の宣伝や座り込みでしたが、激励の声も少なくなく、最低賃金に対する関心の広がりを感じました。
 最賃裁判の原告団の仲間からは、厳しい生活実態について切実な訴えが行われました。
第二合同庁舎前昼休み集会
昼休み集会
第2合同庁舎前座込み
座り込みに参加した仲間たち



【2012年7月27日(金)】新組合員歓迎会

新組合員の仲間
新組合員の仲間
 7月28日、横浜駅東口のヨコハマスカイビル27階のレストランで、恒例の新組合員歓迎会を行いました。
 横浜のきれいな夜景が一望できる会場で、テーブル対抗のゲームなど楽しく交流を深めました。










【2012年7月25日(水)】夏季闘争勝利中央行動

参議院議員面会所前
参議院議員面会所前
 消費税増税反対、最低賃金の大幅引き上げ、公務員賃金の引き下げ反対、夏季闘争勝利を掲げた「夏季闘争勝利中央行動」が全労連・国民春闘共闘の主催で行われました。
 全国から集まった2000人が参加し、日比谷野外音楽堂での昼の中央集会と各省庁前行動、国会請願デモを中心に、国会議員要請や省庁交渉など多彩な行動に取り組みました。神奈川地本の仲間も6名が参加しています。






【2012年7月16日(月・祝)】さようなら原発10万人集会in代々木公園

 
7月16日(月・祝)、代々木公園で「脱原発」を求める「さようなら原発集会」が17万人の参加で行われました。
 炎天下の中、お子さんを連れたご家族や個人、グループ、団体など、様々な人々で会場は埋め尽くされ、周辺の各駅からは会場に向かう人々が途切れなく続いていました。
 集会後のデモ行進も、これだけの人が集まると順番に出発するまで時間がかかり、先頭の出発が14時頃にもかかわらず神奈川の仲間が出発したのは16時50分頃でした。そして、新宿コースのデモを終えたのが18時45分頃になるなど、集会の人数もデモの時間の長さもこれまでにない規模で行われ、脱原発への思いと広がりを感じました。
新宿までのデモ行進の様子@
新宿までのデモ行進@

新宿までのデモ行進A




全労連・全国一般労働組合神奈川地方本部
〒221-0841 神奈川県横浜市神奈川区松本町1-3-32 TEL 045-314-4021 FAX 045-314-9091
お問い合わせ:メールフォームへ
Copyright(c)2008 Zenroren National General Workers Union All Rights Reserved.